ろくさすこのたのしいあらどせんき

おんなれん、おんならん、おとこすぴのこと書くかもしれない

スポンサーサイト

Posted by ろくさすこ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は面白い話かもしれない

Posted by ろくさすこ on   0 comments   0 trackback

ゲームや人生全てのことにおいて自分の性格やできることできないことを把握することが大事です
自分の力量やスタイルを把握することによって
仕事が楽しくなったり
ゲームがうまくなったりします
自分がどのような仕事をしたいか・・・
といわれてもすぐに出てくる人は少ないと思います
というかすぐに出てくる人はその職業に対して憧れだったり夢というものを
昔から持ち続けている人だと思います
実際にその職業についてみたら
あれ?なんか違うな・・・
と感じる人が多いと思います
それは自分がしたいことをやらせてもらえないだとか
自分が考えているより細かいだとか難しいだとか
そういったことが理由にあがります
そこで重要なのが自分の力量を把握してなにができるか、なにができないかを理解し
できることをもっと伸ばすことが重要です
例えば勉強が得意だけど体力がないといった人が
肉体労働をするとうまくいきません
ただその肉体労働を強いられる会社にも
頭を使う仕事
役職を持ってる人だとか
内勤の人だとかがそれにあたると思います
できないことを無理をしてやる必要はないと思うし
自分が得意なことを仕事にしたほうが絶対に楽しいと私は考えます
だからそちらの内勤だとか役職につくといったことをやる。
という風に考えて
最初は我慢が必要かもしれませんが
そちらを目指すといった方向性でいくのが正しいのかと思います
自分に仕事があわないのではなくて
その仕事で自分のできることはなにかを探すのがいいと思います

アラドでいうと
この職の動きというものが一般的にあると思います
例えばランなら逃げて遠くから撃つだとか
キャノンボールあたる位置にずっといるだとか
その考えがある以上
自分にあった職というのを探すのが大変だと思います
いくら強い職だろうが
いくら強い装備だろうが
職の動きを理解していないと勝つことは難しいと思います

ただ自分の考えはそれとはまたちょっと違って
最初に話した仕事の話と一緒で
自分がその職にあわないではなく
自分の動きをどうその職にあわせるかといったことが重要になってくると思います
私の女ランの動きを見た人ならわかるかもしれませんが
私は相手の近くでプレッシャーをかけていくスタイルです
それをランでやっても割りと勝ててたのは
自分のスタイルをわかっていてどう動くか考えてやっているからだと思います
ただ単純にうまいだけでは勝ち続けることは難しいし
自分の性格を理解して
自分の動きを物にしていないとやっぱりどの職でも微妙になってしまうと思います
私の女レンとうねさんの女レンは同じ職ですが
実際に見ると全然違う職に見えてくると思います
うねさんはガン待ちで相手を誘うスタイルで
それをわかっているからこそああいう動きになるんだと思います
だからまず自分が一番得意な動きを理解しそれを極めていくことで
アラドの決闘は強くなれると思います。

スポンサーサイト

あてずっぽうと読みの違い 職やスキルについて

Posted by ろくさすこ on   0 comments   0 trackback

相手が軸をあわせてきたということは何々をするだろうとか
このスキルのクールがあけたからねらってくるだろうとか
そういうのは全てあてずっぽうになると私は思います

読みというのはほぼ外れることはないと私は思います
それが大きな違いです

ガンナー相手とかだとよくある
ジャックの無駄うちとかそういうのは全てあてずっぽう
鬼だと何もしてこないのにガードとかもあてずっぽう
そういうことを繰り返していくうちにクールのスキルがたまっていき
最終的に攻めてがなくなり
相手に攻められたときにどうしようもなくなるということがよくあると思います
だからできるだけスキルを使わずに移動等で対応していくべきだと思います

アラドというのはスキルや職に自由性が高く
かなりやりこめるゲームだと思います
それなのに何々はダメだろとか
自分は強い称号だとか補助魔法をつけているのにもかかわらず
自分が勝てないからだとか自分が不利になるだとかの理由で
相手を叩いたり、そういうのはよく意味がわかりません

元々古代桃等は使わないというのが基本だったと思いますが
それが変わっていき
今の状態になったのだから
もうなんでもありだと思います

そういうのを含めてレベルが下がったといっていました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。