FC2ブログ

ろくさすこのたのしいあらどせんき

おんなれん、おんならん、おとこすぴのこと書くかもしれない

スポンサーサイト

Posted by ろくさすこ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睨み合い からの読み

Posted by ろくさすこ on   0 comments   0 trackback

近距離
中距離
遠距離
縦張り付き
横張り付き
ってのが基本の立ち回りになると思うけど
どの職でもできるのが中距離
相手を画面内におさめて
そこで相手を観察しつつ
相手が睨み合いが嫌になって
横合わせたりするためにナナメ移動をしはじめた時に
RSなりポンケンなり地列なりを当てたりできることが
本当の読みというもの
相手が予測できなかったから当たるのであって
睨み合いの途中で当たってしまうのは
相手が下手もしくは事故なだけです
格闘の通常はやいから当たってしまうっていうのは言い訳で
本来のそういう睨み合いを避けてこの状況嫌だなーってなってしまい
ついつい横合わせてしまうってことが多い人のほうが
今のアラドだと多いと思います
そこには読みあいなんてものはまったくなくて
ただの事故だったり相手が実力不足で
自分もしくは相手が勝っているだけだと思います。
私の場合鬼相手だと縦の睨み合いから相手がそれを嫌がり
横ギリギリの位置から地列なりをうとうと考えているときに
自分から更に軸を合わせて地列を受けて浮かせるということをします
今の地列ははやいから地列だしてからアッパーも間に合うかもしれませんが
地列を出している側からすれば
そんなことは予測していない為アッパーで相打ちもしくは受けなんてものはできません
逆にそれをしてくる人がいた場合はもう私では勝てません。

例えば格闘の金剛砕とかを出させるために
わざと相手の縦ではなくてナナメ下に張り付きます
金剛砕をガンガした後はアッパーもしくは職によってはHB、ポンケン、バクサイ、通常抜けとかをしますが
大体がアッパーです。
それがなぜか考えてみてください
金剛砕を受けられたらすぐミルがくるって頭があって
他の行動も考えてはいるけど
どうしてもすぐミルが頭から離れなくて
最終的な自分の結論がすぐきたミルをアッパー受けっていう
それを行動に移してしまうからです
そういう最初から頭にはいってしまっているものも
読みというものではなく常識というものであって
まったく違うものになっています
そういうことを意識して
決闘をやってみたらまた少し変わってくるかもしれませんね

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://roxacekoayaka.blog.fc2.com/tb.php/82-e0910a42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。